H.P.B.著作の和訳を試みる & 関連の話題 blog

ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー (1831年 – 1891年) は、近代神智学を創唱しました。・・・主に彼女の代表作である「シークレット・ドクトリン」の和訳を試みています。

【秘密教義】 第2巻 人類発生論 スタンザ

   <<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>>

 

シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻 人類発生論 スタンザ

   

                      H.P.ブラヴァツキー 著

                         Aquamarith (ハテナ・名)    訳  

 

 原書として、Theosophical University Press版 【 The Secret Doctrine】 を参照しました。

 

       

   第二巻人類発生論  

 

  スタンザ-1. 知覚を持つ生命の始まり (シュローカ 1~4)

 

 1.四番目の回転をさせるラー(霊)は、7つのラー(惑星霊)に仕え、彼らは、彼らの主(一つ目)のまわりに自らの戦車(馬車)を動かし進ませる。彼の息は七つに生命を授けた、彼の息は最初のものに生命を授けた。

 

 

 2.地球は言った、— 「輝く顔の主よ、私の家は空っぽです。この輪(車輪)の人々にあなたの子たちを送りこんでください。あなたは智慧の主にあなたの七人の子たちを送ったではないですか。智慧の主は近づくあなたを七倍も近く見て彼はあなたを七倍も近くに感じている。あなたに仕える小さな環たちに光と熱をつかまえることや、その通路上を遮断するという、あなたの偉大なる恩恵を禁じている。あなたに仕えるものに同じことをいま与えてください。」

 

 3.「輝く顔の支配者」は言った、—「きみの働きが始まったら、私はきみに火をひとつ送ろう。 きみの声を他のロカス(Lokas)まで上げよ、きみの父である蓮華の主より彼の子たちを遣わせよ・・・きみの"人々"は、父の法の下に支配されるだろう。きみの“人々”は死ぬべき運命をもつ。智慧の主の人々は、月の子たちとは違って、不死だ。不満をやめよ。きみは七つの殻をいまだにまとう・・きみと、きみの"人々"はまだ準備ができていない。」 

 

 4.はげしい苦しみの後、彼女は古い三つを脱ぎ捨て、新しい七つの殻をまとい、彼女の最初のひとつとして立った。

 

 

  スタンザ―2. 援助を受けなかった自然は失敗する  (シュローカ 5~10)

 

 5. 輪(車輪)は、30クロル(三億年)回転した。 それは形態を構築した、柔らかい石は 堅くなり、堅い植物たちは柔らかくなった。見えなかったものが見えるようになり、昆虫たちや小さな生き物たちが生まれた。彼女(地球)は 彼らが母にはびこるたびに、それらを彼女の背中から振り落した・・・30クロル(三億年)回転したあと、彼女は向きを変えた。 彼女は、仰向けに横たわった。 つぎに横向きになった・・・ 彼女は天上の子たちを誰も呼ぼうとしなかった、彼女は智慧の子たちに何も尋ねなかった。 彼女は、彼女自身の胸から創造した。 彼女は恐ろしく邪悪な「水-人」たちを進化させた。

 

 6. 彼女は恐ろしく邪悪な「水-人」を彼女自身から創造した、他の残骸(鉱物、植物、そして動物の残り)と、ねば土(スライム)から彼女の第一、第二、第三の彼らを形作った。ディヤーニ(天使)たちが来て、これらを見た。 — 輝く父-母からのディヤーニ(天使)たち、彼らは白い領域から、不死なる者と死すべき者の住処から来た。

 

 7. 彼らは不快だった。 我々の肉体は、そこにない。五番目の我々の兄弟たちにふさわしい形体はない。ここは生命が住む為の場所ではない。濁っていない純粋な水を彼らは飲まなければならない。それらを干上がらせてしまおう。

 

 

 8. 炎たちが到来した。火花を散らす炎たち。夜の火たちと昼の火たち。彼らは、濁った暗い海を干上げた。 自らの熱で彼らはそれらを消した。高位のラーたちと、低位のラーマインたちがやってきた。彼らは、二つの顔や四つの顔をもつ者たちを根絶した。 彼らはヤギ人間と犬頭人間、そして半漁人と戦った。

 

 9. 母なる水、偉大な海は泣いた。彼女は立ち上がり、彼女を持ち上げた月のなかに姿を消した、月は彼女の生命を与えた場所だ。

 

 10. 彼らが絶滅した後、母なる地球は不毛の地であった。 彼女は干上がりたいと、頼んだ。

 

 

  スタンザー 3.人を創造する試み  (シュローカ 11~13 )

 

 11. 主たちの主が来た。彼は彼女の体から水を切り離した、すると、それは上なる天に、つまり最初の天(大気、空気、或いは天球層)になった。

 

 12. 偉大なチョーハン〈天使〉たちは、空気のような身体の月の主たちを呼んだ。「“人々”を出現させよと彼らは命じられた。あなたがたと同じ本質をもつ“人々”をつくりなさい。 彼らの内面にそれらの形態を与えなさい。 彼女(母なる地球または自然)は外側の覆いをつくるだろう。彼らは、男女両性体になる。炎の主たちもまたそうであろう・・・。」

 

 13. 彼らは、それぞれが割り当てられた土地に行った、彼ら七存在がそれぞれの土地に。 炎の主たちは背後に残った。彼らは行かなかったし、彼らは創造しなかった。

 

  スタンザー 4. 第一根人種の創造  (シュローカ 14~17)

 

 14. 招き入れる七存在たち「意識-生まれの主」は、生命付与の霊によって動かされ、彼ら自身から分離させ、それぞれ彼自身の領域上においた。

 

 15. 七度、未来の人々の七つの影が、それぞれが独自の色と種類で生まれた。どれも彼らの父よりも劣っていた。骨のない父たちは、骨のある存在に生命を与えることができなかった。かれらの後に続くものたちは形体もマインドもないブータ(地縛の魂)たちだった。したがって彼らはチャーヤー(像あるいは影)と呼ばれた。

 

 16. どのように、マヌーシャが生まれたのか?マインドをもつマヌたちである彼らはどのように作られたのか? 父たちは、彼ら自身の火に助けを求めた、それは地球の中で燃える火だ。 地球の霊は、太陽の火に助けを求めた。 これらの三つは協力して良いルパ(形体)を生みだした。それは立ち、歩き、走り、よこたわり、飛べた。だが、それはまだ感覚のない影に過ぎなかった・・・。

 

 17.息は、形体を必要とした、父たちがそれを与えた。 息は、大雑把な身体を必要とした、 地球がそれを形作った。息は、生命の霊を必要とした、太陽のラー(太陽霊)が息をその形体に吹き込んだ。息は、その身体の鏡を必要とした、「我々は我々自身の鏡を与えた」とディヤーニ(天使)たちは言った。息は、欲望の乗り物を必要とした、「それはもう持っている」と水を干上がらせた者はいった。しかし、息は、宇宙を受け入れるマインド(意思)を必要とした、「我々は、それを与えることができない」と父たちは言った。「私はそれを決して持たなかった」と地球の霊は言った。「私のを与えると、身体は焼きつくされてしまうだろう」と偉大な火が言った・・・「人」は、空ろで無感覚なブータ(地縛の魂・エレメンタル)のままでいた・・・このように、骨格の無いものたちは生命を授かり第三根人種の中で骨格をもつ人々になった。

 

 

  スタンザ ―5. 第二根人種  (シュローカ 18~21 )

 

 18. 最初は、ヨーガの子たちだった。彼らは黄色い父と白い母の子たちである。

 

 ≪後になって注釈書は、この文を次のように訳している≫

「太陽の子たち、そして月の子たち(風あるいは)エーテルの幼子たち・・・。

彼らは主たちの影の影だった。 彼ら(影)は拡がった。 地球の霊は彼らに被いをかけた、 太陽のラー(太陽霊)は彼らを暖めた(すなわち展開途中の物理的形態のなかで生命の火を保った)息吹たちは生命を持ったが、そのことを理解しなかった。 彼らは彼ら自身の火も水も持たなかった。

 

 19. 二番目の人種は発芽と増殖によって生成された。性別のない影たちから生成された単性の生命形体である。おおラヌー(弟子)よ、第二根人種はこのようにして生成されたのだ。

 

 20. 彼らの父は自ら生まれた存在だった。チャーヤー(影)は自ら生まれた存在、つまり薄明の子たちとよばれる主たち(父たち)の輝く身体から生まれた。

 

 21. その人種が老いたとき、古い水がもっと新鮮な水と混ざった。その水滴が濁ると、それらは新しい流れの中に拡散して消えた。最初のものの外殻は二番目のものの内部になった。 古い翼は新しい影になり、翼の影になった。

 

  スタンザ ―6. 「汗‐生まれ」の者たちの進化 (シュローカ22~23)

 

 22. それから第二根人種は第三根人種(卵‐生まれ)を進化させた。 汗は成長し、そのしずくたちは成長して堅く、丸くなった。太陽はそれを暖めた。月がそれを冷やして形づくった。風がそれを養うと、それらは熟した。星の天空から白鳥が大きいしずくを覆いこんだ。これは将来の種になる卵(人-白鳥)、つまり後期第三根人種の卵である。最初は両性具有者であったが、後になって男性と女性に分離した。

 

 23. 「自己‐生まれ」のものたちはチャーヤーたち、すなわち薄明かりの子たちの身体の影たちであった。水も火も彼らを破壊することはできない。だが彼らの子たちは破壊された。

 

  スタンザ ―7. 亜神性なる者から最初の人種への降下 (シュローカ 24~27)

 

 24. 再生の準備が整い、智慧の子たち、夜の子たちが、降下して来た、彼らは最初の第三根人種(レムリア人)の邪悪な形体を見た、主たちは「我々は選択をすることができる」と言った、「我々は智慧を持っている」。何人かはチャーヤー(影)の中に入った。 何人かは火花を放射した、何人かは第四根人種(アトランティス人)まで待つことにした。彼ら自身の本質によってカーマ(欲望)は占められた。入った人々はアルハット(阿羅漢)になった。火花だけを受けとったものたちは、知識を欠いたままだった、火の粉は、低次のものたちを焼き尽くした。第三根人種はマインドが無いままだった。 彼らのジーヴァはまだ準備ができていなかった。これらは七つに振り分けられた。 彼らは狭い頭部をしたもの、になった。第三根人種の準備ができた。「これらの中に我々は住もう」と炎の主たちは言った。

 

 25. 智慧の子たちはどうのどのように振舞ったか? 彼らは「自ら-生まれ」を拒否した。彼らは準備ができていない。彼らは「汗-生まれ」を軽蔑した。彼らは、まだ準備ができていない。彼らは最初の「卵-生まれ」に入るのを拒むだろう。

 

 26. 「汗-生まれ」が「卵-生まれ」をつくった、「卵-生まれ(第三根人種)」は二重で強く骨格があった、智慧の主は言った「いま我々が創造する。」

 

 27. そして、第三根人種は、智慧の主たちの乗り物になった。そしてクリヤーシャクティによって「意志とヨーガの子たち」をつくった、つまり神聖な父、阿羅漢の先祖をつくった。 

 

  スタンザ―8. 哺乳動物たちの進化―最初の転落 (シュローカ 28~32 )

 

 28. 汗のしずくたちから、 物質の残りから、つまり前の輪(第三連鎖)の人々と動物たちの死骸を構成していた物質と、投げ捨てられた塵から最初の動物がつくられた。

 

 29. 骨をもつ動物たち、深みの龍たちと空飛ぶヘビたちが、這い回る生物たちの仲間に加わった。地上を這い回る彼らは翼を持った。水のなかの長い首をもつ彼らは空を飛ぶ鳥の先祖になった。

 

 30. 第三根人種の間に、骨がない動物たちは成長して変化した、 彼らは骨をもつ動物になった、彼らのチャーヤー(影)たちも固くなった。

 

 31. 動物たちが先に分離した。動物たちは繁殖し始めた。そして二重の“人”も分離した。彼(人)は言った、「彼らと同じようにしよう、結びついて生物たちをつくろう」。彼らはそうした。

 

 32. そこで、火花を持たないものたち(狭い‐頭部のものたち)は、巨大な“雌‐動物たち”のそれらを受け入れた。彼らは口がきけない人種を生んだ。彼ら(狭い‐頭部のものたち)自身も口がきけなかった。しかし、彼らは舌を解き放った。彼らが生んだ者たちの舌はまだそのままだった。彼らは怪物を生んだ。ねじれた赤毛の怪物たちの種族は四つ足で這い回った。彼らが口をきくことが出来なかったのは、恥ずべき事を口にしないためである。

 

  スタンザ ―9. 人の最期の進化  (シュローカ33~37) 

 

 33. その罪を見ていて、人々を創造しなかったラーたち(霊たち、智慧の息子たち)は嘆き悲しんでこう言った—

 

 34. 意識を持たない亜人種は私たちの未来の住居を汚した。これがカルマだ。私たちは他のものたちの中に住もう。これ以上悪いことが起きないように私たちは彼らが善くなるように教えよう。彼らはそうした・・・

 

 35. そして、すべての人々にマナス(理智)が授けられた。彼らは意識を持たない者の罪を見た。

 

 36. 第四根人種は、言葉を発達させた。

 

 37. 一なる両性具有者は二つに別れ、いまだ両性具有だった生物たちや地を這うものたち、つまり巨大な魚、鳥たち、そして頭部が甲羅で覆われたヘビたちも分離した。

 

 

  スタンザ ―10.    第四根人種の歴史  (シュローカ 38~42)

 

 38. そうして、七つの領域で二つずつ分離して行き、第三根人種は第四根人種の人々を生んだ。神々(スーラ)は非神々(アスーラ)になった。

 

 39. あらゆる領域の第一根人種は月のような黄白色をしていた、第二根人種は黄金色のような黄色をしていた、第三根人種は赤色だった、第四根人種は茶褐色だったが、罪により黒くなった。最初の七つの人間の芽生えの頃は、すべて同じ外観だった。次の七亜人種は彼らの色を混合し始めた。

 

 40. それから第三根人類と第四根人種は背が高く、誇り高くなった。「 我々は王であり、我々は神である」と言った。

 

 41. 彼らは美しい妻をめとった。狭い-頭部を持つ、意識を持たない(亜人種)妻たちである。彼らは怪物を育てた。邪悪な悪魔たちと、男女を生んだ、僅かに意識を持つカド(ダキニ)を生んだ。

 

 42. 彼らは、人間の体の為にいくつかの寺院を建てた。彼らは男性と女性を崇拝した。もはや第三の目は機能していなかった。

 

 

 スタンザ ―11. 第四根人種と第五根人種の文明と崩壊  (シュローカ43~46)

 

 43. 彼ら(レムリア人)は巨大な都市を建造した。彼らは希土酸化物(レアアース)と金属で建造した、それらは溶岩から吐きだされたものだった。彼らは山々の白い大理石と地下の火で黒くなった石を使い自分たちの大きさや姿かたちに酷似した像を彫った、そして彼らはそれを崇拝した。

 

 44. 彼ら(アトランティス人)は9ヤティス(27フィート〔約8メートル10センチ〕)の高さの巨像(彼らの身体の大きさ)を建てた。内なる火が彼らの父たちの地(レムリア大陸)を破壊した。水が第四根人種を脅かした。

 

 45. 最初の大洪水が来た。洪水は七つの偉大な島々を飲み込んだ。

 

 46. すべての聖なる者たちは救われ、聖なる者でないものは滅びた。地の汗から生まれた巨大な動物たちの、その殆どは供に滅んだ。

 

  スタンザー12. 第五根人種とその神聖な指導者たち (シュローカ47~49 )

 

 47. 僅かな人々が残った、あるものは黄色で、ある者は茶褐色そして黒く、さらに赤い者たちもいた、月色の者たち(原初の神聖な種族)は永遠に失われた。

 

 48. 残った神聖な種族から第五根人種がつくられた。それらは彼女の最初の聖なる王たちによって統治された。

 

 49. ・・・再び降下した「ヘビたち」は第五根人種と供に平和を築いた、「ヘビたち」は教え、導いた・・・

 

 

 これで第2巻のスタンザは終わりです。

 

 ◎このシークレット・ドクトリン第2巻のスタンザは、2012年4月~5月に書いた某SNS(mixi)日記をこちらにまとめたもの(掲載にあたり多少修正有)です。