H.P.B.著作の和訳を試みる & 関連の話題 blog

ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー (1831年 – 1891年) は、近代神智学を創唱しました。・・・主に彼女の代表作である「シークレット・ドクトリン」の和訳を試みています。

ご訪問ありがとうございます

 当ブログでは主にヘレナ・P・ブラヴァツキーの著作の翻訳を掲載しております、ブラヴァツキー夫人の人物像、経歴や近代神智学の成立過程、及び神智学協会の成立などはウィキペディアや他のブログなどで、その真偽はともかく豊富な記載があちらこちらにあるので、そちらを参考にされるとよろしいかと思います。

 

 100年以上も前に出版された『シークレット・ドクトリン』の原書は英語で書かれており、そのドイツ語版は比較的早期に翻訳されています、そのどちらもインターネットを通して誰でも自由に読むことができます。最近、中国で海賊版が出回っているらしいとの情報もあります。

 

 世界中で秘密にされることなく読まれている『シークレット・ドクトリン第一巻〜第三巻』ですが、日本では訳出することが非常に遅れています、最近やっと少しづつ翻訳書が出版されてきましたが、既に出版されている日本語訳の書籍に「一切無断転載を禁ず」とあったりしていて、興味深いことが書かれているのに、いちばん大事な本の内容が広まっていかないようです、『シークレット・ドクトリンを読む』は既にびっくりするほど高額な中古本になっています。

 大事なのは偏見のない物事の見方で原書(出来れば)を読むことであり、解説者の主観の入った解説書を読むのではなくて本の内容にふれてほしいという思いで、素人ではありますが翻訳を試みています。

 

 神智学協会ニッポンロッジはインドに本拠を置き、神智学協会アディヤール派の下部組織だそうです『シークレット・ドクトリン』の原書にはジルコフ版を使用しています、当ブログではジャッジ派が運営したアメリカ神智学協会、いわゆるポイント=ローマ派、現在の本部はカリフォルニア州パサディナにある、Theosophical University出版の第一巻、第二巻の原書および、第三巻はKessinger Pub Coの原書を参考に翻訳しています、日本にはジャッジ派の協会はないようです。

 

 思いつくまま翻訳を掲載していたら順番が逆転していたりと、無秩序で見にくくなっていたので、それぞれのURLを下記のURLにまとめました。(はてなブログの編集の方法が?なので)

 https://aquamarith.hatenablog.com/entry/2018/05/12/153811

【秘密教義】 第1巻 宇宙発生論 スタンザ7

  <<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>>

 

       シークレット・ドクトリン【秘密教義】 

 

         第1巻 第1部  スタンザ7

 

                          H.P.ブラヴァツキー 著

                                                          aquamarith (ハテナ名)    訳

 

 

    地上の人間の両親

  1. 見よ、知覚のある無形の生命の始まりを。 最初に神聖な媒体、母―霊(アートマ)からのひとつ、次に霊的なもの(アートマ・ブッディ、霊、魂)、一から三、一から四、そして五、それから三、五、そして七。これらは三重であり、下向きの四重であり、最初のの(アヴァローキテーシュヴァラ)の『マインド生まれ』の子たちであり、輝いている七者(建設者たち)*である。 彼らこそ、汝であり、我であり、彼である。おお弟子よ。汝を見守り、汝の母なる地球を見守る者は彼らなのである。

 

  1. ひとすじの光線が小さな光線をふやす。生命は形体に先立ち、生命は形体(ストゥーラ・シャリーラ、外的な体)の最後の原子より生き延びる。無数の光線を通して、生命-光線、すなわち、ひとすじの光線は多数の宝石を貫く糸のように進む。

 

  1. 一なるものが二になるとき、三重が現れる、三は一(に結びついている)である、それは我々の糸であり、おお弟子よ、サプタバルナと呼ばれる人間-樹のハートである。

 

  1. それは決して死ぬ事のない根であり、四つの灯芯であり「三つの舌をもつ炎」*である。芯は火花であり、七によって射出された「三つの舌をもつ炎」から自分たちの炎を引き出す。ひとつの月の光線たちと火花たちは地球のすべての河の流れ行く波に反射した。

 

  1. 火花は、フォーハットの最も繊細な糸で炎からぶらさがる。 それはマーヤー(幻影)の七つの界を旅する。 それは最初の界で止まる、それは金属と石の界である、つぎに二番目の界に映ると、見えたのは — 植物である、植物は七つの変化を経て神聖な動物になる。 これらの属性の組み合わせから、マヌ(人間)、思考する者がつくられる。 誰が彼をつくるのか? 七つの生命と一つの生命。 誰が、彼を完成させるのか? 五重のラー。 そして、誰が最後の体を完成させるのか?魚、シン、そしてソーマー・・・

 

  1. 沈黙の監視者と彼のの間の、最初に生まれた糸は、変化ごとに更に強力になり輝かしくなる。 朝の太陽光は昼の栄光に変わった・・・

 

  1. これは、汝の現在の輪(車輪)だと、火花に言った。汝は我自身であり、我の似姿であり、我が影である。 我は汝を身にまとい、汝は『我々と供にあれ』という日まで、我がヴァーハナ(媒体)であり、その日、汝は我自身とほかのもの、汝自身と我に再びなるだろう。その時、建築者たちは、彼らの最初の衣をまとい、輝かしい地球降下し、彼ら自身である人類を支配する。

 

【このように、ほとんど理解し難い混乱した、古い物語のこの部が終わる。見たところ無意味なこれらを理解するという、この試みは暗闇に今や光を投ずることになるだろう。】

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  (訳者による・注)

 

*七者(建設者たち)・・・すなわち、今、大熊座(北斗七星)と関係づけられる七人の創造的リシのこと。

 

**( 1・一部抄訳) ・・・同じヒエラルキアと同じ数が、日本神道と日本仏教の両方が教えている体系のはじめの部分にある。この体系では人類発生論が宇宙発生論の前にきて、物質へと降下する途中で、神聖なものが人間と結合して目に見える宇宙を創造する。・・

この、最も遠く離れた国々にさえも、全く同じ太古の教えが非常に似た形で残っている事を示している。【すべてはまだカオス(混沌)であったとき、三つの霊的な存在が未来の創造の場に現れた。つまり、(1)天之御中主神すなわち『中央の天の神なる君主』、(2)高御産巣日神すなわち『天と地の至高の神聖な子孫』と(3)単に『神々の子孫』である。】・・・

 

**( 2・一部抄訳)・・・動物人間の男性の胚種が動物人間の女性の土壌に投げ込まれても、それだけでは胚種は発芽しない。胚種は六重の「天上の人間」の五徳によって肥やされる必要がある。

 

**( 3・一部抄訳)・・・この節の締めくくりの文章で、人間の構造が七重であるという教義が、どんなに古くから信じられ、教えられていたかが解る。存在の糸は人間を動かし、輪廻転生のたびに現れる仮の姿を結ぶ。さらに、この糸は彼の守護霊ともいうべき七大天使へとつながっている。この糸は、三重のもの〈モナド〉、四重のもの〈ジーヴァ〉、五重のもの〈マナス〉から紡ぎだされる。三重のものは、四重のものに包まれ、四重のものは五重のものに包まれている。

 

*「三つの舌をもつ炎」・・・決して消えない「三つの舌をもつ炎」は不死の霊的三つ組すなわちアートマ・ブッディ・マナスである。

 

―――――――――――――――――――――――――――

 

   英文

  1. Behold the beginning of sentient formless life.

First the Divine, the one from the Mother-Spirit; then the Spiritual; the three from the one, the four from the one, and the five from which the three, the five, and the seven. These are the three-fold, the four-fold downward; the “mind-born” sons of the first Lord; the shining seven. 

It is they who are thou, me, him, oh Lanoo. They, who watch over thee, and thy mother earth.

 

  1. The one ray multiplies the smaller rays. Life precedes form, and life survives the last atom of form. Through the countless rays proceeds the life-ray, the one, like a thread through many jewels.

 

  1. When the one becomes two, the threefold appears, and the three are one; and it is our thread, oh Lanoo, the heart of the man-plant called Saptasarma.

 

  1. It is the root that never dies; the three-tongued flame of the four wicks. The wicks are the sparks, that draw from the three-tongued flame shot out by the seven — their flame — the beams and sparks of one moon reflected in the running waves of all the rivers of earth.

 

  1. The spark hangs from the flame by the finest thread of Fohat. It journeys through the Seven Worlds of Maya. It stops in the first, and is a metal and a stone; it passes into the second and behold — a plant; the plant whirls through seven changes and becomes a sacred animal. From the combined attributes of these, Manu, the thinker is formed. Who forms him? The seven lives, and the one life. Who completes him? The five-fold Lha. And who perfects the last body? Fish, sin, and soma. . . . .

 

  1. From the first-born the thread between the Silent Watcher and his Shadow becomes more strong and radiant with every change. The morning sun-light has changed into noon-day glory. . . . .

 

  1. This is thy present wheel, said the Flame to the Spark. Thou art myself, my image, and my shadow. I have clothed myself in thee, and thou art my Vahan to the day, “Be with us,” when thou shalt re-become myself and others, thyself and me. Then the builders, having donned their first clothing, descend on radiant earth and reign over men — who are themselves. . . .

 

【Thus ends this portion of the archaic narrative, dark, confused, almost incomprehensible. An attempt will now be made to throw light into this darkness, to make sense out of this apparent non-sense.】

 

――――――――――― 第1巻 第1部 超抄訳・完―—————————————

  • このシークレット・ドクトリンのスタンザの試訳は、2012年04月17日に書いたmixi日記を編集・修正してこちらにまとめたものです。
  •  原書として、Theosophical University Press版 【 The Secret Doctrine】 を参照しました。

 

 

 

【秘密教義】 第1巻 宇宙発生論 スタンザ6

  <<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>>

 

       シークレット・ドクトリン【秘密教義】 

 

         第1巻 第1部  スタンザ6

 

                       H.P.ブラヴァツキー 著

                                                       aquamarith (ハテナ名)    訳

 

 

  我々の世界、その成長と発展

 

  1. 慈悲と知識の母、観音、すなわち観音天に住む観世音の『三重』の在力により、フォーハット(宇宙電気)、彼らの子孫の息、子たちの子は、下方の深淵(混沌)からシエン・チャン(私たちの宇宙)の幻影的形体と七元素とを呼びおこした。**

 

  1. ばしこく輝かしいフォーハット七つのラヤ中心*をつくる、 『我々と供にあれ』という偉大な日までは、それらの中心に逆らうものはない、フォーハット元素の胚種シエン・チャンを包んで、七つのラヤ中心という永遠の土台の上に据える。

 

  1. 七つの中で最初の一が現れ、六つは隠された、二つが現れ、五つは隠された。三つが現れ、四つは隠された。四つが生じ、三つは隠された。四つと一つの半分が現れ、二つと半分が隠された。現されるべきものは六つで一つは別にされた。最後に七つの小さな車輪が回転し、一つは別のものを生む。

 

  1. 彼は古い車輪 (諸世界) に似せてそれらをつくり、それらを不滅の(ラヤ)中心に据える。フォーハットはどのようにしてそれらをつくるのか?彼は火の塵を集め、火の球をつくり、その中を通り抜け回転させる、そこへ生命を注いで、動きのなかに一つの方法や他の方法でそれをすえる。それらは冷たいので、彼らはそれらを熱くする。それらは乾いており、彼はそれらを湿らせる。それらは輝き、彼はそれを扇ぎ冷やす。このようにフォーハットは黄昏から次の黄昏まで、七つの永遠の間動く。

 

  1. 四番目(のラウンド)に、子たちは自分達たちの像を創造するように命じられる。三分の一は拒絶し、三分の二は従う。

呪いが発せられる。彼らは四番目*に生まれ、苦しんで、苦しみを引き起こすだろう。これが最初の戦いである。

 

  1. 古い車輪は下へ上へと回転した. . .母の産んだものは宇宙全体を満たした。創造者たち破壊者たちの間で戦闘が行われた。そして空間をめぐって戦闘が行われ、種子が次々と現れた。

 

  1. 弟子よ、もし汝らが小さな車輪の正しい年齢を知ろうと思うならば、数えてみるがよい。その四番目の輻(スポーク)は我らの母(地球)である。ニルヴァーナ(涅槃)へ至る知識の第四の道の第四の『果実』に至れ。そうすれば汝は見て理解するだろう. . . .

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(訳者による・注)

**スタンザ六の第一節は他のスタンザよりもずっと後のものである。だがそれでも極めて古い。この節の原文には、東洋学者には全く知られていない名前がはいっているので、学徒には全く分らないだろう。

**秘教の教えでは、『慈悲と知識の母』は、寓意的で形而上学的な神統系譜において、母すなわち理想的な物質、ムーラプラクリティであり、自然の根である。形而上学的な観点からいうなら、彼女は顕現して(宇宙意識)つまり観世音の中に顕現した(原初の智慧)の相補的構造の一方である。純粋に秘教的かつ宇宙的にいうなら、彼女は『子の子』フォーハット、すなわち、この『ロゴスの光』から生まれた両性具有のエネルギーである、そのエネルギーは客観的宇宙の中で、現れ同時に隠れた電気として顕現する、そしてこの電気は生命である。

 

*ラヤ中心・・・七つのラヤ中心は七つのゼロポイントであるというのは、化学者たちと同じ意味でゼロという単語を使用しており、秘教的には、分化の段階が始まるポイントを示している。ラヤ (Laya) はサンスクリット語で消失・分解を意味するリー(Li)からつくられた単語。上位の存在階層にあるものは、ラヤ中心を通って下位の存在階層にあらわれる。逆方向の動きをするラヤ中心もある。諸世界(七つの地球)はラヤ中心の周囲に鞘状につくりだされていく。

 

*四番目・・第四根本人種(アトランティス人)に転生してという意味。

 

—————————————————————————————————

英文

 

  1. By the power of the Mother of Mercy and Knowledge — Kwan-Yin — the “triple”* of Kwan-shai-Yin,、residing in Kwan-yin-Tien, Fohat, the Breath of their Progeny, the Son of the Sons, having called forth, from the lower abyss, the illusive form of Sien-Tchang and the Seven Elements:*

 

 

  1. The Swift and Radiant One produces the Seven Laya Centres, against which none will prevail to the great day “Be-with-Us,” and seats the Universe on these Eternal Foundations surrounding Tsien-Tchan with the Elementary Germs.

 

 

  1. Of the Seven — first one manifested, six concealed, two manifested, five concealed; three manifested, four concealed; four produced, three hidden; four and one tsan revealed, two and one half concealed; six to be manifested, one laid aside. Lastly, seven small wheels revolving; one giving birth to the other.

 

  1. He builds them in the likeness of older wheels, placing them on the Imperishable Centres. How does Fohat build them? he collects the fiery dust. He makes balls of fire, runs through them, and round them, infusing life thereinto, then sets them into motion; some one way, some the other way. They are cold, he makes them hot. They are dry, he makes them moist. They shine, he fans and cools them. Thus acts Fohat from one twilight to the other, during Seven Eternities.

 

  1. At the fourth, the sons are told to create their images. One third refuses — two obey.

The curse is pronounced; they will be born on the fourth, suffer and cause suffering; this is the first war.

 

  1. The older wheels rotated downwards and upwards. . . . The mother’s spawn filled the whole. There were battles fought between the Creators and the Destroyers, and battles fought for space; the seed appearing and re-appearing continuously.

 

  1. Make thy calculations, Lanoo, if thou wouldest learn the correct age of thy small wheel. Its fourth spoke is our mother. Reach the fourth “fruit” of the fourth path of knowledge that leads to Nirvana, and thou shalt comprehend, for thou shalt see . . . . .

 

—————————————————————————————————————

  • このシークレット・ドクトリンのスタンザの試訳は、2012年04月03日に書いたmixi日記を編集・修正してこちらにまとめたものです。
  •  原書として、Theosophical University Press版 【 The Secret Doctrine】 を参照しました。

 

 

 

【秘密教義】 第1巻 宇宙発生論  スタンザ5

   <<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>>

       シークレット・ドクトリン【秘密教義】 

  

         第1巻 第1部  スタンザ5

 

                       H.P.ブラヴァツキー 著

                                                       aquamarith (ハテナ名)    訳

 

    フォーハット、七つの階層の子たち

 

  1. 原初の七者智慧のドラゴン最初の七つの息が、彼らの神聖な回転する息から順に火の竜巻を起こす。**

 

  1. 彼らは、彼(竜巻)を自分たちの意志の使者にする。ジャーウ (Dzyu) *はフォーハット(宇宙電気)となる。リピカ(記録者)の親である神聖な子たちのすばしこい子、フォーハットは円を描いて使いに走り回る。フォーハットは馬であり、思考は騎手である。フォーハットは稲光のように、火の雲(宇宙的霧)を貫いて進む。三歩*、五歩、七歩と、上方の七つの領域をまたぎ、下方の七つをまたぐ。彼は声をあげ、無数の火花(原子)を呼び、それらを互いに結びつける。

 

  1. 彼(フォーハット)は、彼ら(火花たち)の指導霊であり導き手である。フォーハットは仕事を始める時、低級界の火花(鉱物原子)を分離する、その火花は自分達の輝かしい住居(ガス状の雲)の中を漂い、喜びでふるえる。そしてフォーハットはそれらで車輪の胚種をつくる。彼はそれら輪の胚珠を空間の六方に置き、一つを中央に置く—中心の輪である。

 

  1. フォーハットは、六番目を七番目すなわち王冠に結びつけるために螺旋状の線を描く。光の子たちの大群がそれそれぞれのかどに立ち、中央の車輪にはリピカが立つ。これでよい、と彼らは言う、最初の神聖な世界の用意は整い、最初のものは、もはや第二のものとなる。次に『神聖なアルーパ(無色界)』はチャーヤー・ローカ(最初の形体のおぼろな世界すなわち知的世界)すなわちアヌパパーダカの最初の衣*に自らを映し出す。

 

  1. フォーハットは五歩を大股で歩き、四名の神聖な者たちとその大群のために、翼のついた車輪を正方形のそれぞれのかどに置く。

 

  1. リピカは、三角形と最初の一(垂直線)と、立方体、第二の一と、五芒星を卵の中に内接させる。それは、下がったり上がったりする者たちにとっては『通過するな』といわれる輪である。カルパの間『我々と供にあれ』という偉大な日に向って進んでいる者たちにとっても、このように、ルーパアルーパは形作られ、一つの光から七つを、七つのひとつひとつから七つの七倍の光がつくられた。車輪たちが輪を見守る。. . . . .

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  (訳者による・注)

 ** このスタンザの第一節はおそらく説明が一番難しいであろう。東洋の象徴的な寓話とその意図的に曖昧にした表現に精通している人にしか、この表現を理解することはできない。

 

 *ジャーウ ( Dzyu)・・・唯一、真の魔術的な知識であり、隠された智慧である。これが永遠の真理と、根本的な原因を扱って正しい方向に応用されると、ほぼ全能となるのである。その正反対のものは、ジャーウ・ミすなわち顕教的近代科学のような、幻や虚偽の見せ掛けだけをとりあつかうものである。ここではジャーウはディヤーニ・ブッダたちの集団的智慧の表現である。

 *歩・・・歩(複数)はコスモスと人間の七本質のことを指している。

 *アヌパパーダカの最初の衣・・・ブッディ体のこと。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  英文

 

  1. The Primordial Seven, the First Seven Breaths of the Dragon of Wisdom, produce in their turn from their Holy Circumgyrating Breaths the Fiery Whirlwind.

 

  1. They make of him the messenger of their will. The Dzyu becomes Fohat, the swift son of the Divine sons whose sons are the Lipika, runs circular errands. Fohat is the steed and the thought is the rider. He passes like lightning through the fiery clouds; takes three, and five, and seven strides through the seven regions above, and the seven below. He lifts his voice, and calls the innumerable sparks, and joins them.

 

  1. He is their guiding spirit and leader. When he commences work, he separates the sparks of the Lower Kingdom that float and thrill with joy in their radiant dwellings, and forms therewith the germs of wheels. He places them in the six directions of space, and one in the middle — the central wheel.

 

  1. Fohat traces spiral lines to unite the sixth to the seventh — the crown; an army of the Sons of Light stands at each angle, and the Lipika in the middle wheel. They say: This is good, the first Divine world is ready, the first is now the second. Then the “Divine Arupa” reflects itself in Chhaya Loka, the first garment of the Anupadaka.

 

  1. Fohat takes five strides and builds a winged wheel at each corner of the square, for the four holy ones and their armies.

 

  1. The Lipika circumscribe the triangle, the first one, the cube, the second one, and the pentacle within the egg. It is the ring called “Pass Not” for those who descend and ascend. Also for those who during the Kalpa are progressing towards the great day “Be with us.” Thus were formed the Rupa and the Arupa: from one light seven lights; from each of the seven, seven times seven lights. The wheels watch the ring. . . . .

 

——————————————————————————————

  • このシークレット・ドクトリンのスタンザの試訳は、2012年04月03日に書いたMIXI日記を編集・修正してこちらにまとめたものです。
  •  原書として、Theosophical University Press版 【 The Secret Doctrine】 を参照しました。

 

 

 

【秘密教義】 第1巻 宇宙発生論  スタンザ4

 <<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>>

 

       シークレット・ドクトリン【秘密教義】 

 

 

         第1巻 第1部  スタンザ4

 

                       H.P.ブラヴァツキー 著

                                                       aquamarith (ハテナ名)    訳

 

  七つの階層

 

  1. . . . 汝ら、大地の子よ、汝らの指導者である火の子たちに耳を傾けよ。そこには初めもなく終わりもないことを学べ。すべてが一なる数であって、数のないものから数は生じたのだ。

 

  1. 原初の七者から降りてきた我々、原初の炎から生まれた我々は、父たちから学んだことを学べ。. . .

 

  1. 光すなわち永遠の闇の光線の輝きから、再び目覚めたエネルギーが空間のなかに突然飛び出た、すなわち卵から一が、六と五が。そして三、一、四、一、五、合計で七の二倍。これらはエッセンスであり、炎であり、元素であり、建設者であり、数であり、アルーパ(無形、無色)であり、ルーパ(物質、色)であって、総計は神聖なる人間の力である。そして神聖な人間から、形体、火花、聖なる動物たち、神聖な四に含まれた神聖なる父たちの使者たちが流出した。

 

  1. これは声の大群であり、神聖な母の七者(声の大群)であった。七者の火花たちは、第一、第二、第三、第四、第五、第六そして第七の召使となり、付き従う。これらの『火花』は球、三角形、立方体、線と造形者たちといわれる。永遠のダーナ(縁起)、つまり、オエアオホオ**はこのようである。

 

  1. オエアオホオは『暗闇』、無際限なるもの、又は数なきもの、アーディ・二ダーナ・スヴァバットであり—

  1)アーディ・サナット、すなわち数、彼は一である。

  2) 主スヴァバヴァットの声、すなわち諸数、彼は一と九である。

  3) 『無形の正方形』

そして、○(無際限の円)の中に閉じ込められたこの三つは、神聖な四である。十はアルーパの宇宙である。次に『子たち』、すなわち七名の闘士がくる、一名すなわち八番目は、のけ者となる。彼の息は光の作り手である。

 

  1. つぎに第二の七者、それはリピカ**たちであり、三者でつくられた。見捨てられた子は一者である。『-太陽たち』は数え切れない。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(訳者による・注)

**オエアオホオ・・・ オイ・ハ・オウ(オエアオホオの置換)、

北方の東洋秘教家たちは、オイ・ハ・オウの文字通りに、その意味は円状に動く風すなわち旋風であると解釈する。しかし、この場合それは絶え間ない永遠の宇宙的運動、あるいはそれを動かす力であり、その名をあげることは決してないが、その力は神として認められており、永遠のカーラナ、常に動いている大原因である。

 

**リピカ・・・サンスクリット語で『書く』という意味の言葉(リピ)に由来し、文字通りには『記録者』を意味する。

 秘教的な説明をくわえれば、これらの聖なる存在たちは、カルマの法則と関係がある、なぜなら彼らは人間のあらゆる行為や思考、さらには現象宇宙の中の過去・現在・未来のあらゆる出来事の記録を、アストラル光の目に見えないタブレットいわゆる『永遠の偉大な画廊』に書き込む記録者だからである。この眼に見えない神聖なキャンバスは生命の書である。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 英文

 

  1. . . . Listen, ye Sons of the Earth, to your instructors — the Sons of the Fire. Learn, there is neither first nor last, for all is one: number issued from no number.

 

  1. Learn what we who descend from the Primordial Seven, we who are born from the Primordial Flame, have learnt from our fathers. . . .

 

  1. From the effulgency of light — the ray of the ever-darkness — sprung in space the re-awakened energies; the one from the egg, the six, and the five. Then the three, the one, the four, the one, the five — the twice seven the sum total. And these are the essences, the flames, the elements, the builders, the numbers, the arupa, the rupa, and the force of Divine Man — the sum total. and from the Divine Man emanated the forms, the sparks, the sacred animals, and the messengers of the sacred fathers within the holy four.

 

  1. This was the army of the voice — the divine mother of the seven. The sparks of the seven are subject to, and the servants of, the first, the second, the third, the fourth, the fifth, the sixth, and the seventh of the seven. These “sparks” are called spheres, triangles, cubes, lines, and modellers; for thus stands the Eternal Nidana — the Oeaohoo, which is:

 

  1. “Darkness” the boundless, or the no-number, Adi-Nidana Svabhavat: —
  2. The Adi-Sanat, the number, for he is one.
  3. The voice of the Lord Svabhavat, the numbers, for he is one and nine.

  iii. The “formless square.”

 

And these three enclosed within the are the sacred four; and the ten are the arupa universe. Then come the “sons,” the seven fighters, the one, the eighth left out, and his breath which is the light-maker.

 

  1. Then the second seven, who are the Lipika, produced by the three. The rejected son is one. The “Son-suns” are countless.

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • このシークレット・ドクトリンのスタンザの試訳は、2012年04月01日に書いたmixi日記を編集・修正してこちらにまとめたものです。
  •  原書として、Theosophical University Press版 【 The Secret Doctrine】 を参照しました。

 

【秘密教義】 第1巻 宇宙発生論  スタンザ3

  <<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>>

 

       シークレット・ドクトリン【秘密教義】 

 

         第1巻 第1部  スタンザ3

 

                        H.P.ブラヴァツキー 著

                                                        aquamarith (ハテナ名)    訳

 

   コスモスの目覚め

 

  1. ... 七番目の永遠の最後の振動が、無限を貫いて震える。 母は蓮華の蕾のように、内から外へと広がりながら膨らんでいく。

 

  1. 振動が広がり、そのすばやい翼で、全宇宙と暗黒の中にある胚種とを、同時にかすめる、眠っている(生命の水)上で、暗黒は息づいている. . .

 

  1. 暗黒が光を放ち、光は母なる深みに、ひとすじの光線を落とす。光線はヴァージン卵を射抜く。光線は永遠の卵を震わせて、永遠でない胚種を落とさせる。そして世界-卵**に凝縮する。

 

  1. 次に三が四になる。 輝く本質は、七つの内部と七つの外部とになる。本質的に三である輝く卵は、母の深みで、乳白色の凝乳になり広がり成長し、生命の大海の深みの中に根を張る。

 

  1. 根は残っている、光も残っている、凝乳も残っている、そして、オエアオホオ*もまだ一つにとどまっている。

 

  1. 生命の根は不死の大海のあらゆるしずくの中にあった、そして、大海は輝く光であった、光は火であり熱であり運動であった。 暗黒は消えて、もはやなかった、暗黒は暗黒自体のエッセンス、すなわち火と水の本体、父と母の本体であるエッセンスに消えた。

 

  1. 見よ、おお弟子よ! 二人の輝く子供、並ぶもののない光輝く栄光を、輝く空間すなわち暗黒空間の子は、大いなる暗黒の水の深みから現われ出る。それは若きオエアオホオすなわち***である。彼は太陽*として輝き出る。彼は燃えるような神聖な智慧のドラゴン*である。唯一なるものはとなり、は自らをとる。その結合サプタ(七)を生ず。サプタの中にトリダシャ(ホストたちと群衆)となる七つがある。彼がヴェールを持ち上げ、それを東から西へと広げるのを見よ。彼は上方を見えなくし、下方を大いなる幻影としてみられるようにしておく。彼は輝くものたちのために場所を示し、上層部を火の岸辺なき海に変え、唯一の顕現したものを大いなる水に変える。

 

  1. 胚種はどこにいたのか、今や暗黒はどこにいたのか?おお弟子よ、汝のランプのなかで燃える炎の霊はどこにいるのか?胚種がそれであり、それは光であり、暗い隠れた父の白い輝かしい子である。

 

  1. 光は冷たい炎であり、炎は火である、火は熱を生み、熱は大いなる母のなかに水、すなわち生命の水を生じる。

 

  1. 父-は網*をかけて、その上端を霊、すなわち唯一の暗黒の光にしっかりと結びつけ、下端を物質すなわち霊の影のような端に結びつける、この網は一なる実質であるスヴァバヴァット*の中に作られた二つの実質からつくり出された宇宙である。

 

  1. 火の息が網に接すると、それは広がる、母の息がそれに接すると収縮する。それから、子たちは大いなる日の終わりに、再び彼らの母のふところに戻り、分離分散して母と一体になる、網は冷えていくと、輝くようになり、子たちは彼ら自身と自らのハート(心臓)を通して拡大そして収縮する、 彼らは無限を抱みこむ。

 

  1. それからスヴァバヴァットは原子を固める為に、フォーハット*を送り出す。それぞれの原子は網の一部である。 鏡のように『自己存在の主』を映し出して、それぞれ順番に世界になる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(訳者による・注)

**世界卵・・・原子から天体に至るまで、人間から天使にいたるまで、顕現する万物の原初の形は楕円形の球状であり、卵の比喩をしめしている。尾を噛む蛇もそのような形をしている。

 

*オエアオホオ・・・『神々の父・母』

 

*太陽・・・son息子だが、注釈ではSun太陽となっている。

 

*ドラゴン・・・ドラゴンは『混沌の智慧』たるアストラル光(原初の原理)である。古代哲学は、善悪を独立した基本原理とは認識せず、絶対者つまり一者からはじまって、進化の過程をたどり、純粋な光がしだいに形体へと凝縮し、ついには物質、すなわち悪になるという慈善の進化の過程をさかのぼって、善悪の源をさぐったのである。ドラゴンの象徴が『悪魔』と言うわけではない。

 

*網・・・世界原料のこと。

               

*スヴァバヴァット・・・父=母のこと。

 

*フォーハット・・・『宇宙電気』ともいう。近代神智学では卍(万字)で表す。

 

—————————————————————————————————

 

 英文

  1. . . The last vibration of the seventh eternity thrills through infinitude. The mother swells, expanding from within without, like the bud of the lotus.

 

  1. The vibration sweeps along, touching with its swift wing the whole universe and the germ that dwelleth in darkness: the darkness that breathes over the slumbering waters of life. . .

 

  1. Darkness radiates light, and light drops one solitary ray into the mother-deep. The ray shoots through the virgin egg, the ray causes the eternal egg to thrill, and drop the non-eternal germ, which condenses into the world-egg.

 

  1. Then the three fall into the four. The radiant essence becomes seven inside, seven outside. The luminous egg, which in itself is three, curdles and spreads in milk-white curds throughout the depths of mother, the root that grows in the depths of the ocean of life.

 

  1. The root remains, the light remains, the curds remain, and still Oeaohoo is one.

 

  1. The root of life was in every drop of the ocean of immortality, and the ocean was radiant light, which was fire, and heat, and motion. Darkness vanished and was no more; it disappeared in its own essence, the body of fire and water, or father and mother.

 

  1. Behold, oh Lanoo! The radiant child of the two, the unparalleled refulgent glory: Bright Space Son of Dark Space, which emerges from the depths of the great dark waters. It is Oeaohoo the younger, the * * * He shines forth as the son; he is the blazing Divine Dragon of Wisdom; the One is Four, and Four takes to itself Three,* and the Union produces the Sapta, in whom are the seven which become the Tridasa (or the hosts and the multitudes). Behold him lifting the veil and unfurling it from east to west. He shuts out the above, and leaves the below to be seen as the great illusion. He marks the places for the shining ones, and turns the upper into a shoreless sea of fire, and the one manifested into the great waters.

 

  1. Where was the germ and where was now darkness? Where is the spirit of the flame that burns in thy lamp, oh Lanoo? The germ is that, and that is light, the white brilliant son of the dark hidden father.

 

  1. Light is cold flame, and flame is fire, and fire produces heat, which yields water: the water of life in the great mother.

 

  1. Father-Mother spin a web whose upper end is fastened to spirit — the light of the one darkness — and the lower one to its shadowy end, matter; and this web is the universe spun out of the two substances made in one, which is Svabhavat.

 

  1. It expands when the breath of fire is upon it; it contracts when the breath of the mother touches it. Then the sons dissociate and scatter, to return into their mother’s bosom at the end of the great day, and re-become one with her; when it is cooling it becomes radiant, and the sons expand and contract through their own selves and hearts; they embrace infinitude.

 

  1. Then Svabhavat sends Fohat to harden the atoms. Each is a part of the web. Reflecting the “Self-Existent Lord” like a mirror, each becomes in turn a world.

—————————————————————————————————————————————

  • このシークレット・ドクトリンのスタンザの試訳は、2012年3月30日に書いたMixi日記を編集・修正してこちらにまとめたものです。
  •  原書として、Theosophical University Press版 【 The Secret Doctrine】 を参照しました。

【秘密教義】 第1巻 宇宙発生論  スタンザ2

   <<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>>

 

       シークレット・ドクトリン【秘密教義】 

 

 

         第1巻 第1部  スタンザ2

 

                          H.P.ブラヴァツキー 著

                                                         aquamarith (ハテナ名)    訳

                   

 

  分化の概念

 

1....建設者たち、すなわちマンヴァンタラ*の夜明けの輝かしい子たちは、どこにいたのか? ... 彼らのア・ヒ的*ラニシュパンナ*の未知の暗黒の中に、無形-体すなわち世界の根から形体を作る者、デーヴァマートリ*とスヴァバヴァット*は非-存在と呼ばれる無上の喜びの中で休息していた。

 

2. ... 沈黙は、どこにあったのか? 沈黙を感じる耳はどこにあるのか? いや、沈黙も音もなかった、自らを知らぬ、絶え間のない永遠の息以外何もなかった。

 

3. 時間はまだ生じていなかった、 光線**は胚種のなかにはまだ閃めかなかった。マートリパドマ(母なる蓮華)*はまだ膨らまなかった。

 

4. 彼女のハート(心臓)は、一つの光線が入るためには、まだ開かれていなかった、それから、三つが四つになるように、マーヤー(幻影)*の膝の中に落ちていく。

 

5. 七名の子は、光の網からまだ生まれていなかった。暗黒だけが、父-母であり、スヴァバヴァット(抽象的宇宙物質)だった。スヴァバヴァットは暗黒のなかにあった。

 

6. これら二つは胚種であるが胚種はひとつである。宇宙はまだ神聖な思いと神聖な胸の中に隠されていた. . . .

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (訳者による・注)

*マンヴァンタラ・・・顕現期。アイオーンと同義。休息期をプララヤ(Pralaya)と言い、マンヴァンタラとプララヤは交互にくりかえす。

*ア・ヒ的・・・(チョーハン的、ディヤーニ・ブッダ的)ディヤーニ・チョーハンとは、宇宙の神々の総称。宇宙を管理する天上の存在たちのこと、ディヤーニ・ブッダとは金剛界五仏のこと。

*パラニシュパンナ・・・最高善つまり絶対者のこと、パラニルヴァーナと同義語。パラニルヴァーナ(般涅槃、円寂)

*デーヴァマートリ・・・神母。

*スヴァバヴァット・・・宇宙を満たしている万物の根源。科学のいうエーテルをある程度考慮すれば、宇宙にあまねく偏在する可塑質料である、単なる物質ではなく、霊(意識)と原初質料が混ざり合い一体となったもの、宇宙意識物質を意味する。秘教的には「父と母」のことである。

**光線・・・『永遠の闇』の光線は放射されると、輝かしい光、すなわち生命の『光線』となって『胚種』のなかへと射し込む。『胚種』は世界卵の中の一点である。世界卵は形而上学的な質料を象徴する。『一点』を言葉通りに受け取り、空間の中の特定の一点と理解してはいけない。すべての原子の中心に『胚種』がある、これらの中心が集合的に『胚種』を形成しているからである。

*マートリパドマ・・・母なる蓮華。

*マーヤー・・・幻影。インド哲学によると、顕現した宇宙はすべてマーヤーである。

 

―――――――――――――――――――――――――――

 英文

1.. . . Where were the builders, the luminous sons of Manvantaric dawn? . . . In the unknown darkness in their Ah-hi Paranishpanna. The producers of form from no-form — the root of the world — the Devamatri and Svabhavat, rested in the bliss of non-being.

 

  1. . . . Where was silence? Where the ears to sense it? No, there was neither silence nor sound; naught save ceaseless eternal breath, which knows itself not.

 

  1. The hour had not yet struck; the ray had not yet flashed into the Germ; the Matripadma had not yet swollen.

 

  1. Her heart had not yet opened for the one ray to enter, thence to fall, as three into four, into the lap of Maya.

 

  1. The seven sons were not yet born from the web of light. Darkness alone was father-mother, Svabhavat; and Svabhavat was in darkness.

 

  1. These two are the Germ, and the Germ is one. The Universe was still concealed in the Divine thought and the Divine bosom. . . .

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • このシークレット・ドクトリンのスタンザの試訳は、2012年03月28日に書いたMIXI日記を編集・修正してこちらにまとめたものです。
  •  原書として、Theosophical University Press版 【 The Secret Doctrine】 を参照しました。

 

 

 

 

 

【秘密教義】 第1巻 宇宙発生論  スタンザ1

 <<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>>

 

    シークレット・ドクトリン【秘密教義】

  

         第1巻 第1部  スタンザ1

 

                       H.P.ブラヴァツキー 著

                            aquamarith (ハテナ名)    訳

 

 第一巻の“端書”より~

 この書は『秘密の教え』(Secret Doctrine)のすべてを伝えるものではないことは説明するまでもない、しかし基本的な教義の選び抜かれた断片である、そのいくつかは、様々な著者たちに握られていて、真実とのすべての類似点から歪められている。

 

 しかし、どんなに断片的で不完全であろうとも、この二巻に含まれている教えは、ヒンドゥー教ゾロアスター教のものや、カルデアの宗教やエジプト人の宗教でもなく、仏教、イスラム教、ユダヤ教キリスト教のいずれに属するものでもない。『シークレット・ドクトリン』はこれら全てのエッセンスである。・・・・・

 

 本書の目的は、宇宙(自然)は、原子の偶発的な集合ではないことを示すこと、宇宙の体系のなかでの、人としての正しい位置を指し示すこと、太古の智慧は、あらゆる宗教の基礎になっているが、それらを堕落から救うこと、あらゆるものの根源的な統一性について可能なかぎり明らかにすること、これまで近代科学が取り上げなかった自然の秘教的側面を示すことである。(SD1 p8“端書”) 

 

――――――――――――――――――――

 

 【シークレット・ドクトリン】

   

     宇宙発生論

『ジャーンの書』から翻訳された七つのスタンザ

 

 スタンザ 1

 

1.永遠の母*は、決して見えることのない彼女の衣に包まれて、七つの永遠のために、再び深い眠りにおちていた。

 

2.時間*はなかった、それは存続の無限のふところで眠っていたからである。

 

3.宇宙意識*は存在していない、宇宙意識を含むア・ヒ(天の諸存在物)がいなかったからである。

 

4.至福(涅槃)への七つの道はなかった。 苦難の大原因(二ダーナとマーヤー)はなかった。それらを生み出したり、陥ったりする者がいなかったからである。

 

5.暗闇だけが果てしないすべてを満たしていた、父と母と子は再び一つとなったからである、子は新しい輪(車輪)とその輪での巡礼の旅にまだ目覚めてはいなかった。

 

6.七人の荘厳な主等および七つの真理は存在をやめていた、宇宙である必然の子は、有るけれど無い『それ』*自体に吐き出されるため、ラニシュパンナ*の中に浸されていた。もなかった。

 

7.存在の原因は除かれていた、それはかって見えたものであり、いまは見えないものであり、それは永遠の非存在である唯一のそれの中で休んでいた。

 

8.夢の無い眠りのなかに、果てしなく無限で、原因のない、存在の唯一の形体だけが広がっていた、そして宇宙空間の中でダン・マ*の開かれた目によって感知されるそのすべて存在を通して、生命が無意識に脈動した。

 

9.しかし、宇宙のアラヤ*がパラマルータ*のなかにあり、偉大な輪(車輪)がアヌパーダカ*であった時、ダン・マはどこにあったのだろうか?

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (訳者による・注)

*永遠の母・・永遠の母=親空間は常に存在し、あらゆるものの原因であり、理解できない神性である。

*時間・・時間とは、永遠の存続の中を旅しているときの、わたしたちの意識状態の連続によってつくり出された幻影にすぎない。

*意識・・mind(マインド)とは思い、意志、感情のもとに一括される意識の諸状態の総計につけられた名称である。

*『それ』・・That。ヴェーダーンタ哲学の呼称。サンスクリット語のTarを英訳した表現。一者(絶対者)のこと。

*パラニシュパンナ・・(Paranishpanna)は絶対的完全、パラニルヴァーナ、それはヨン・ドゥップである。

*ダン・マ・・浄化された魂。(トランスヒマラヤの秘教的な語)

*アラヤ・・あるゆるものの基礎としての魂、アニマ・ムンディ

*パラマルータ・・絶対的非存在と無意識である

*アヌパーダカ・・「親のない」即ち先祖のないという意味の言葉。

 

―――――――――――――――――――――――――――

 英文

  1. The eternal parent wrapped in her ever invisible robes had slumbered once again for seven eternities.

 

  1. Time was not, for it lay asleep in the infinite bosom of duration.

 

  1. Universal mind *was not, for there were no Ah-hi to contain it.

 

  1. The seven ways to bliss were not. The great causes of misery were not, for there was no one to produce and get ensnared by them.

 

  1. Darkness alone filled the boundless all, for father, mother and son were once more one, and the son had not awakened yet for the new wheel, and his pilgrimage thereon.

 

  1. The seven sublime lords and the seven truths had ceased to be, and the Universe, the son of Necessity, was immersed in Paranishpanna*, to be outbreathed by that which is and yet is not. Naught was.

 

  1. The causes of existence had been done away with; the visible that was, and the invisible that is, rested in eternal non-being — the one being.

 

  1. Alone the one form of existence stretched boundless, infinite, causeless, in dreamless sleep; and life pulsated unconscious in universal space, throughout that all-presence which is sensed by the opened eye of the Dangma.

 

  1. But where was the Dangma when the Alaya of the universe was in Paramartha and the great wheel was Anupadaka?

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • このシークレット・ドクトリンのスタンザの試訳は、2012年3に書いたMIXI日記を編集・修正してこちらにまとめたものです。
  •  原書として、Theosophical University Press版 【 The Secret Doctrine】 を参照しました。