H.P.B.著作の和訳を試みる & 関連の話題 blog

ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー (1831年 – 1891年) は、近代神智学を創唱しました。・・・主に彼女の代表作である「シークレット・ドクトリン」の和訳を試みています。

【秘密教義】 第1巻 宇宙発生論  スタンザ4

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第1巻 第1部 スタンザ4 H.P.ブラヴァツキー 著 aquamarith (ハテナ名) 訳 七つの階層 . . . 汝ら、大地の子よ、汝らの指導者である火の子たちに耳を傾けよ…

【秘密教義】 第1巻 宇宙発生論  スタンザ3

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第1巻 第1部 スタンザ3 H.P.ブラヴァツキー 著 aquamarith (ハテナ名) 訳 コスモスの目覚め ... 七番目の永遠の最後の振動が、無限を貫いて震える。 母は蓮…

【秘密教義】 第1巻 宇宙発生論  スタンザ2

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第1巻 第1部 スタンザ2 H.P.ブラヴァツキー 著 aquamarith (ハテナ名) 訳 分化の概念 1....建設者たち、すなわちマンヴァンタラ*の夜明けの輝かしい子たち…

【秘密教義】 第1巻 宇宙発生論  スタンザ1

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第1巻 第1部 スタンザ1 H.P.ブラヴァツキー 著 aquamarith (ハテナ名) 訳 第一巻の“端書”より~ この書は『秘密の教え』(Secret Doctrine)のすべてを伝え…

神智学の大海  概略

<初版1893年発行> 内容の概略、第一章〜第十七章 第一章 神智学と大師たち 神智学は一般的に定義されている。 宇宙に高度に発達した人々は存在する。 これらの人々は、マハトマ、秘儀参入者、ブラザー、アデプトたちである。 彼らはどのように働いてい…

神智学の大海  序文

<初版1893年発行> ーーーーーーー*ーーーーーーー*ーーーーーーー 序 文 本書では、ごく普通の読者が理解できるように神智学について述べることを試みている。大胆な主張というものは作者の知識に基づくが、それと同時に、書かれていることへの責任…

H.P.ブラヴァツキーの名前が出てくる邦訳書ー地軸の変動、極について

☆地軸の変動 シークレット・ドクトリン第二巻スタンザ―2に地軸の変動についての記述がある。それは・・・ シュローカ5.・・・ 輪(車輪)は、30クロル(三億年)回転した。 それは形態を構築した、柔らかい石は 堅くなり、堅い植物たちは柔らかくなった。…

ご訪問ありがとうございます

当ブログでは主にヘレナ・P・ブラヴァツキーの著作の翻訳を掲載しております、ブラヴァツキー夫人の人物像、経歴や近代神智学の成立過程、及び神智学協会の成立などはウィキペディアや他のブログなどで、その真偽はともかく豊富な記載があちらこちらにあるの…

【秘密教義】第一巻から第三巻&関連の話題のURL

【秘密教義】第一巻 宇宙発生論 【秘密教義】第二巻 人類発生論 目次 https://aquamarith.hatenablog.com/entry/2018/05/06/182718 第一部 予備的ノート(1) https://aquamarith.hatenablog.com/entry/2018/03/03/144820 予備的ノート(2) https://aquam…

【秘密教義のオカルティズム】 目次

シークレット・ドクトリンの第3巻だといわれている「シークレット・ドクトリンのオカルティズム」の目次です。一つの項目ごとに一行使用すると四百五十行にもなってしまうので、序文、各章、論文ごとに、まとめて記載しました、項目ごとの区切りには「・・…

【秘密教義】第二巻 人類発生論 目次

第二巻 人類発生論 予備ノート 太古のスタンザと先史時代の四大陸 永遠の神聖な地 ヒュペルボレア大陸 アトランティス大陸 北極は熱帯だった 第一部 人類発生論 ジャーンの書からのスタンザ スタンザ1.知覚をもつ生命の始まり 人間、即ち第三のロゴス 人類…

【秘密教義のオカルティズム】 — 第9章 ヘルメスとカバラの教義、『カバラ』と『エノク書』など・・・(その3) 

<初版1897年発行> ーー 数と測り方。ーーー教義はあらゆるものに属している。ーー シークレット・ドクトリンのオカルティズム (第3巻) ― 第9章 H.P.ブラヴァツキー 原著 アニー・ベサント 編著 Aquamarith (ハテナ名) 訳 <[角括弧]はアニー・ベサ…

【秘密教義のオカルティズム】 — 第9章 ヘルメスとカバラの教義、『カバラ』と『エノク書』など・・・(その2)

<初版1897年発行> ーー “カバラ”と“エノク書”ーー シークレット・ドクトリンのオカルティズム (第3巻) ― 第9章 H.P.ブラヴァツキー 原著 アニー・ベサント 編著 <[角括弧]はアニー・ベサントによる追補> <[各単語] はaquamarithによる追補>…

【秘密教義のオカルティズム】 — 第9章 ヘルメスとカバラの教義、『カバラ』と『エノク書』など・・・(その1)

<初版1897年発行> シークレット・ドクトリンの第3巻だといわれている「シークレット・ドクトリンのオカルティズム」の前書で、アニー・ベサントは次のように記していたー H.P.Bから私に与えられた原稿を、それぞれ別々の章として取り上げ、可能な限り…

【秘密教義】 第2巻 第2部ー21章 エノイキオン — へノック(その4)

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> ーーアウグスティヌスとエノクーー シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻―第2部 ―21章 H.P.ブラヴァツキー 著 aquamarith (ハテナ名) 訳 ◎アウグスティヌスとエノク エノクはフレデリック・…

【秘密教義】 第2巻 第2部ー21章 エノイキオン — へノック(その3)   

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> ーーエノクとは何か、秘教的なのかーー シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻―第2部 ―21章 H.P.ブラヴァツキー 著 aquamarith (ハテナ名) 訳 ◎エノクとは何か、秘教的なのか 単に象徴的な鍵…

【秘密教義】 第2巻 第2部ー21章 エノイキオン — へノック(その2)  

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> ーーアデプトは死んだ、しかし生きている。ーー シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻―第2部 ―21章 H.P.ブラヴァツキー 著 aquamarith (ハテナ名) 訳 ◎アデプトは死んだ、しかし生きている。…

 【秘密教義】 第2巻 第2部ー21章 エノイキオン — へノック(その1)   

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> ーー創作したのは誰か?ーー シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻―第2部 ―21章 529頁~ H.P.ブラヴァツキー 著 aquamarith (ハテナ名) 訳 ◎創作したのは誰か? 神秘的で普遍的な「エノク」…

【秘密教義】 第2巻―《結論》より

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> ーーー科学の逆説。ーーー来るべき人種。ーーー シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻―《結論》より H.P.ブラヴァツキー 著 aquamarith (ハテナ名) 訳 ~ 科学の逆説(から抜粋)~ Page 442 …

【秘密教義のオカルティズム】 ー 8章「「エノク書」、エノクについて・・・その5 

<原書・初版1897年発行> ーーオカルティストは、「聖書」を拒まないーー シークレット・ドクトリンのオカルティズム (第3巻) ― 8章 H.P.ブラヴァツキー 原著 アニー・ベサント 編著 <[角括弧]はアニー・ベサントによる追補> aquamarith (ハテナ…

【秘密教義のオカルティズム】 ー 8章「エノク書」、エノクについて・・・その4 

<原書・初版1897年発行> ーー象徴的「エノク書」ーー シークレット・ドクトリンのオカルティズム (第3巻) ― 8章 H.P.ブラヴァツキー 原著 アニー・ベサント 編著 <[角括弧]はアニー・ベサントによる追補> <(各単語) はaquamarithによる追補…

【秘密教義のオカルティズム】 ー 8章「エノク書」、エノクについて・・・その3 

<原書・初版1897年発行> ーーエノクは諸人種、を記しているーー シークレット・ドクトリンのオカルティズム (第3巻) ― 8章 H.P.ブラヴァツキー 原著 アニー・ベサント 編著 <[角括弧]はアニー・ベサントによる追補> ◎ エノクは諸人種を記して…

【秘密教義のオカルティズム】 — 8章「エノク書」、エノクについて・・・その2  

<原書・初版1897年発行> ーー「エノク書」とキリスト教ーー シークレット・ドクトリンのオカルティズム (第3巻) ― 8章 H.P.ブラヴァツキー 原著 アニー・ベサント 編著 *[角括弧]はアニー・ベサントによる追補* ◎エノク書とキリスト教 エノク…

【秘密教義のオカルティズム】 — 8章「エノク書」、エノクについて・・・その1 

<原書・初版1897年発行> ーー「エノク書」キリスト教の源泉と基礎ーー シークレット・ドクトリンの第3巻だといわれている「シークレット・ドクトリンのオカルティズム」の前書きで、アニー・ベサントは次のように記していたー H.P.Bから私に与えられ…

 【秘密教義】 第2巻 第2部ー18章 “堕天使”の神話、そのさまざまな面について。(その4)

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> ーー聖書の詐欺的な翻訳。ーー以前は普遍聖典だったヴェーダ。ーー シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻―第2部 ―18章 481頁~ H.P.ブラヴァツキー 著 Page 481 ◎聖書の詐欺的な翻訳。 こ…

 【秘密教義】 第2巻 第2部ー18章 “堕天使”の神話、そのさまざまな面について。(その3)

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> ーー神も悪魔(デビル)、ともにメタトロン。ーー シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻―第2部 ―18章 479頁~ H.P.ブラヴァツキー 著 Page 479 ◎神も悪魔(デビル)、ともにメタトロン。 キリ…

【秘密教義】 第2巻 第2部ー18章 “堕天使”の神話、そのさまざまな面について。(その2) 

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> ーー悪魔(デビル)の起源ーー シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻―第2部 ―18章 477頁~ H.P.ブラヴァツキー 著 Page 477 悪魔(デビル)の起源 過去の多くの根深い成り行きを許して、存在…

【秘密教義】 第2巻 第2部ー18章 『堕天使』の神話、そのさまざまな面について。 (その1)

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> ーー邪悪な霊とは: 誰なのか、何者だろうか?ーー シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻―第2部 ―18章 475頁~ H.P.ブラヴァツキー 著 aquamarith (ハテナ名) 訳 Page 475 “堕天使”の神話、…

【秘密教義】 第2巻 第3部ー6章 歴史に痕跡を残す巨人族、諸文明、そして海面下の諸大陸。(その4) 

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> ーーー巨人たちの人種 。ーーー異教とキリスト教の一致。ーーーマズダ教徒による7つの地についての見解。ーーー シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻 第3部 6章(その4) H.P.ブラヴ…

【秘密教義】 第2巻 第3部ー6章 歴史に痕跡を残す巨人族、諸文明、そして海面下の諸大陸。(その3)

<<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>> ーーーダーウィン信奉者は真実を拒絶する。ーーー さらに驚くほどの矛盾。ーーー シークレット・ドクトリン【秘密教義】 第2巻 第3部 6章(その3) H.P.ブラヴァツキー 著 Page 751 ダーウィ…