H.P.B.著作の和訳を試みる & 関連の話題 blog

ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー (1831年 – 1891年) は、近代神智学を創唱しました。・・・主に彼女の代表作である「シークレット・ドクトリン」の和訳を試みています。

 【秘密教義】 第2巻 第2部ー18章 “堕天使”の神話、そのさまざまな面について。(その3)

    <<1888年に出版された H.P.ブラヴァツキー の著作>>

 

     ーー神も悪魔(デビル)、ともにメタトロン。ーー

 

        シークレット・ドクトリン【秘密教義】 

         第2巻―第2部 ―18章  479頁~

                      H.P.ブラヴァツキー 著

                                                 

Page 479

◎神も悪魔(デビル)、ともにメタトロン

 

 キリストが他の神や死人と同じように彼のフェルエーを持っているという信念を教会は、積極的に受け入れている。ド・ミルヴィルは次のように記した:“私たちには、旧約聖書に登場する、ヴァーブム(?)、あるいは第二のエホバという二人の英雄がいる、第二のエホバの顔(‘存在’プロテスタントが翻訳)は両方を形作っている、しかしひとつでありながら、ふたつはまだ存在していて謎である、それはマズダー教徒のフェルエーズの教義を私たちが学ぶ前に解決できなかった謎であり、そのフェルエーがスピリチュアルな潜在力、直感のイメージや特質、魂の守護者であることを学んだ。”(アカデミー回顧録、第五巻、516ページ)これはほぼ正しい。

 

 カバリストたちは他の不条理、なかでも、メタトロンという言葉がメタ、スローンに分けられており、それが「王座の近く」を意味するものだと主張している。そのメタの意味は “向こうに”と“近くに”という正反対の意味である。これは私たちの議論において非常に重要である。聖ミカエル、そして、キュス・ユ・デウスは、目に見えない世界を可視化し客観的に翻訳する者である。

 

 彼らは、さらにローマカトリック教会と並んで、聖書的およびキリスト教的神学には、“大天使やセラフィム、ミカエルよりもさらに高い天上界の、個の存在(三位一体の後の)”はないのだと述べている。ドラゴンを征服する者は、“神聖なる民兵組織、惑星の守護者、星々の王、サタンの殺戮者であり、最も強力な主たる司祭」である。”

 

 これらの紳士的で神秘的な天文学において彼 "征服者アフリマン(アーリマン)は太陽の火の代わりに水を浴び、惑星の王座を奪った。 そして、キリスト・太陽の守護者である彼は自らの大師にとても近づいていて、“彼と彼がひとつになっているように見える、”. . . . プロテスタントの言葉(ヴァーブム)との融合のため、彼らカルバンの間で二重性を完全に失って終了した、そしてミカエルは見えなかったが、大師だけは見た”とアッベ・カーロンは書いている。 ローマカトリック教徒、特にカバリストたちはよく知っていて、この二元性を世界に説明する人々であり、教会の選ばれたものを讃美する手段を与える、そして彼らのドグマのやり方で、これらのすべての神々を拒否し呪うのかもしれない。

 

 このように同じ称号と同じ名前が神と大天使に与えられる。 どちらもメタトロンと呼ばれる、ゾハールによれば、“大師と使者”と同じ意味で使われているように、どちらも、他人に話すときには、エホバの名が付けられている。両方とも外観は天使である、なぜならば私たちはそのように知らされているからである、そのうえ、その“単語”が“神の本質のイメージと外観(または存在)”とされている、一方で救世主についてイスラエル人に話すとき、イザヤ(?)は、“彼らに存在する天使が彼らの苦しみを救った” – “だから彼は救い主だった”とする – 彼(ミカエル)は、“主の様相の王子、主の栄光”と非常に明示的(*5)に呼ばれている。(エホバとミカエルは)両方とも「イスラエルの案内者である(†6). . . 主の軍隊の首長、魂の最高の裁判官であり、さらにはセラフスの裁判官でもある。”(‡7)

 

 上記の全てはローマカトリック教徒によって様々な書の根拠だとして与えられている、したがって正統でなければならない。それがゾロアスターが予期しなかった目的でローマ・カトリック教の教義に利用されたように、いくつかの表現は巧妙な神学者と詭弁家によってフェルエー(§この語はゼンド・アベスタからフランスのとある作家たちによる借用)という言葉が意味するものを示すために解釈されている。

 

 ベンディダードのファーガード19の(14節)で、それは述べられている、 “祈りを、ああ、ツァラトゥストラ! 私のファルヴァルシ、その方はアフラ・マズダー、最大で、最高なる、すべての存在のうち最も公正で、最も濃密な、最も知的であるもの、. . . .その魂は聖なる言葉である”(マスラ・スペンタ)。 フランスの東洋学者たちはファルヴァルシを「フェルエー」と翻訳する。

 

 いまフェルエー、あるいはファルヴァルシは何を示すのか? 一部のマズダ教徒の書物(例えばオルマズド・アフリマン、112,113(§8))では、ファルヴァルシは内的な不滅の人(または生まれ変わるエゴ)であることは明白である、肉体以前に存在し、人々より長生きし、(肉体という)衣を着ることになる。“ファルヴァルシは人間だけでなく、神々、空、火、水、植物にも授けられた”(ベンディダード入門、 J.ダルメストテーターによる)。

 

 これは明らかに、フェルエーが神、動物、植物、さらには要素のいずれかの“スピリチュアルな対応物”であることがわかると明らかにする、肉体の魂、すなわち肉体の粗野な創造の精錬された純粋な部分に生じるのだろう。したがってアフラ・マズダーツァラトゥストラに彼自身ではなく彼のファルヴァルシを呼び出すことを勧める(アフラ・マズダー); すなわち、ゾロアスター自身のアートマン(またはキリストス)のものであり、偽りのない個人的な外観ではなく、非個人的かつ真の神性の本質である。 これはかなり明確である。

 

 ローマカトリック教徒たちが、彼らの神と天使の間に、神格とその側面に、あるいは古い宗教の神との間に想定される違いを築き奪い取ったのは、この神聖で霊妙な(エーテル的な)原型である。このように、マーキュリー、ヴィーナス、ジュピター(神々や諸惑星にもかかわらず)デビルたちと呼んでいる間、彼らは依然として彼らのキリストのフェルエーである同じマーキュリーをつくる。

 

脚注 ———————————————

(*5) イザヤ、63。 8-9。

(†6) メタトロー、そして、[[ヘゲモン]]。

(‡7) “外観や言葉の表現”、18ページ、ド・ミルヴィル。

(§8)個の不滅の側面、人より長寿なそれは、ヴェンディダード“ファルヴァルシ”で呼ばれる、オカルティストによれば、それは高位自我、または神の二重性である。

 

   ———————

 (続く)

 

 ☆個人的に興味があった章の一部のみの記載です、素人の抄訳で誤訳もあるかと思います、不明な箇所は原著の頁を御覧ください。

 ☆原書として、Theosophical University Press版 【 The Secret Doctrine Vol.2】 を参照しました。

 ☆以下に英文も掲載しました、ご参考まで。

Vol. 2, Page 479   GOD AND DEVIL, BOTH METATRONS.

The Church accepts positively the tenet that Christ has his Ferouer as any other god or mortal has. Writes de Mirville: “Here we have the two heroes of the Old Testament, the Verbum (?), or the second Jehovah, and his face (‘Presence,’ as the Protestants translate) forming both but one, and yet being two, a mystery which seemed to us unsolvable before we had studied the doctrine of the Mazdean ferouers, and learnt that the ferouer was the spiritual potency, at once image, face, and the guardian of the Soul which finally assimilates the ferouer.” (Memoires a l’Academie, Vol. v., p. 516.) This is almost correct.

Among other absurdities, the Kabalists maintain that the word metatron being divided into meta, thronon, means near the throne. It means quite the reverse, as meta means “beyond” and not “near.” This is of great importance in our argument. St. Michael, then, the quis ut Deus, is the translator, so to speak, of the invisible world into the visible and the objective.

 

They maintain, furthermore, along with the Roman Catholic Church, that in the Biblical and Christian theology there does not exist a “higher celestial personality, after the Trinity, than that of the Archangel or the Seraphim, Michael.” According to them, the conqueror of the Dragon is “the archisatrap of the sacred militia, the guardian of the planets, the King of the Stars, the slayer of Satan and the most powerful Rector.”

In the mystic astronomy of these gentlemen, he is “the conqueror of Ahriman, who having upset the sidereal throne of the usurper, bathes in his stead in the solar fires”; and, defender of the Christ-Sun, he approaches so near his Master, “that he seems to become one with him . . . . Owing to this fusion with the Word (Verbum) the Protestants, and among them Calvin, ended by losing sight entirely of the duality, and saw no Michael but only his Master,” writes the Abbe Caron. The Roman Catholics, and especially their Kabalists, know better; and it is they who explain to the world this duality, which affords to them the means of glorifying the chosen ones of the Church, and of rejecting and anathematizing all those Gods who may be in the way of their dogmas.

 

Vol. 2, Page 480  

Thus the same titles and the same names are given in turn to God and the Archangel. Both are called Metatron, “both have the name of Jehovah applied to them when they speak one in the other” (sic) as, according to the Zohar, the term signifies equally “the Master and the Ambassador.”

Both are the Angel of the Face, because, as we are informed, if, on the one hand, the “Word” is called “the face (or the Presence) and the image of the substance of God,” on the other, “when speaking of the Saviour to the Israelites, Isaiah (?) tells them that “the angel of his presence saved them in their affliction” — “so he was their Saviour.”(*5) Elsewhere he (Michael) is called very plainly “the Prince of the Faces of the Lord, the glory of the Lord.” Both (Jehovah and Michael) are “the guides of Israel(†6) . . . chiefs of the armies of the Lord, Supreme Judges of the souls and even Seraphs.”(‡7)

The whole of the above is given on the authority of various works by Roman Catholics, and must, therefore, be orthodox. Some expressions are translated to show what subtle theologians and casuists mean by the term Ferouer,§ a word borrowed by some French writers from the Zend Avesta, as said, and utilized in Roman Catholicism for a purpose Zoroaster was very far from anticipating. In Fargard XIX. of the Vendidad it is said (verse 14), “Invoke, O Zarathustra! my Farvarshi, who am Ahura Mazda, the greatest, the best, the fairest of all beings, the most solid, the most intelligent, . . . . and whose soul is the Holy Word” (Mathra Spenta). The French Orientalists translate Farvarshi by “Ferouer.”

 

Now what is a Ferouer, or Farvarshi? In some Mazdean works (e.g., Ormazd Ahriman, §(§8) 112, 113), it is plainly implied that Farvarshi is the inner, immortal man (or that Ego which reincarnates); that it existed before its physical body and survives all such it happens to be clothed in. “Not only man was endowed with the Farvarshi, but gods too, and the sky, fire, waters, and plants.” (Introduction to the Vendidad, by J. Darmesteter). This shows as plainly as can be shown that the ferouer is the “spiritual counterpart” of whether god, animal, plant, or even element, i.e., the refined and the purer part of the grosser creation, the soul of the body, whatever the body may happen to be. Therefore does Ahura Mazda recommend Zarathustra to invoke his Farvarshi and not himself (Ahura-Mazda); that is to say, the impersonal and true Essence of Deity, one with Zoroaster’s own Atman (or Christos), not the false and personal appearance. This is quite clear.

 

Now it is on this divine and ethereal prototype that the Roman Catholics seized so as to build up the supposed difference between their god and angels, and the deity and its aspects, or the gods of the old religions. Thus, while calling Mercury, Venus, Jupiter (whether as gods or planets) Devils, they yet make of the same Mercury the ferouer of their Christ.

This fact is undeniable. Vossius (De Idol., II., 373)

Footnote(s) ———————————————

(*5) Isaiah, lxiii. 8-9.

(†6) Metator and hegemon.

(‡7) “La Face et le Representant du Verbe,” p. 18, de Mirville.

( (§8) That which is called in the Vendidad “Farvarshi,” the immortal part of an individual, that which outlives man — the Higher Ego, say the Occultists, or the divine Double.